« さあ 始めてみましょう | トップページ | 遠い人 »

2008年6月 3日 (火)

貴女の歩く道野辺にも

庭の、野萱草が咲きはじめました。のかんぞうですよ。

またの名をわすれ草とも呼ばれます。

萱の字は、忘れること、その意味があるそうです。

一日花なのですよ。今日咲いた花は今日の夕には萎れますが、

翌朝にはすぐさま次の蕾が咲いてくれますのね。

空にどんよりと、厚い雲がかかろうとも、

のかんぞうの咲く庭は明るい色合いとなり、、良い眺めでしたのに。

P53000026月2日のきのうは、とうとう梅雨入りをしてしまいました。

雨に打たれながらも咲いている野萱草を、けなげに思えてしまうのは、

眺めている側の、心の憂さなのかも知れません。

野の花ですから、もともとが風雨にたじろがない強さがあるのでしょうね。

野萱草は憂いを忘れさせてくれそうです。

貴女の歩く道野辺にも咲いてますでしょ。

 そう、ずっと夏まで咲いておりますよ~

|

« さあ 始めてみましょう | トップページ | 遠い人 »

花暦 あるいは 随想」カテゴリの記事

コメント

別名が忘れ草というのですね。忘れちゃいけないことが多い常ですが、…なかには忘れていいという事もありますね。そんなことをふっと思いました。
さて梅雨入り。草花にとって恵みの雨でありますように。

投稿: 茶飲み友達 | 2008年6月 3日 (火) 07時52分

忘れたほうがよいのに、
嫌だったこととかを、
いつまでもいつまでも覚えていると、
つらいですものね(汗)

梅雨にかこつけて言えば、
あの恨みを水に流すとか‥になるのかな。
ね‥ 心の闇は見えにくい。
そうはいかない、そうはさせないって、
苦しみ抜いている人もいるんでしょうね。

忘れていいようなことは忘れなさいよ。は、
野萱草のメッセージかも!happy01

しとしとしと、雨の今日は肌寒い。
風邪ひかないようにしましょうね。

投稿: かもめ | 2008年6月 3日 (火) 18時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1047800/21372847

この記事へのトラックバック一覧です: 貴女の歩く道野辺にも:

« さあ 始めてみましょう | トップページ | 遠い人 »