« 赤い花 | トップページ | 百日草 »

2008年6月19日 (木)

真夏が来る前に

Photo

樹木が生い茂ります。

この木何の木?と聞かれそう。

黒金黐(くろがねもち)なのですね。

屋敷をぐるりと囲む生垣は、5月に入り自分の手で刈り込みました。

生垣はカシの木ですから、新緑の枝葉は以外と柔らかい。

刈り込み鋏を手にハッスルしました。

素人仕事ゆえ、曲がりくねってしまいます。それでも何とか刈りました。ほっ!

しかし、問題はクロガネモチ、高い太いよく茂る、手強い木。

元々がどんな環境にも強く、街路樹にも見かけますわね。

初冬のころ真っ赤な実をびっしりとつけます。

わが家では自然のままあるがままの樹形にしておりますが、

赤い実は、無彩色になりがちの冬景色を彩ってくれますわね。

で、どうしたの、木?

はい、例年通り、シルバー人材センターが請け負ってくれますので、

そちらへお願いしておりますから順番待ちです。

心得ある方がいらしてくださるから、綺麗になりますよ、モチの木。

うまくいけば自分でもできるかしら?と、

長い脚立を肩に担ぎ、かなり前のTVドラマ「ショムニ」の女性のように、

木の周りをウロウロウロウロ、出来る仕事人みたいな姿で回ってはみましたが、

やはり無理。太いし、高いし、枝葉の勢いにタジタジと引き下がってしまいました。

Photo_2 そんなこんなの日常ですが、

デジカメをエコ袋に入れての往来は、

額紫陽花(がくあじさい)の眺めが、とても良いのです。

天気予報によりますと、これからが梅雨本番とか。

そうそう、真夏が来る前にしておかなくてはいけないこと、他にはなかったかしら?

|

« 赤い花 | トップページ | 百日草 »

散文 あるいは 日記」カテゴリの記事

コメント

真夏が来る前に。
衣替えは終わりましたか?

ハッスルしての刈り込み仕事お疲れ様でした。
そうしているうちに梅雨も終わりになり、

お盆の季節は、我が家で焚く火を目標に、
年に1回とうさまが里帰りしますね。
今年も焚きに行きます。
夏の始まりでもあります。

投稿: 茶のみ友達 | 2008年6月21日 (土) 13時08分

片付けなくてはならない事、
あれこれありますね~


えいや、すべてをかなぐり捨てシンプルになってしまえ、
などと思い、心がけてるつもりなのに、なかなか片付かない。
衣替えは、ぼちぼちと入れ替えましたconfident


ね、来月はお盆です。
ご先祖さまたちが、
馬の背に跨り馬を走らせ、帰ってきますもの。
おもてなししなくては!!

投稿: かもめ | 2008年6月22日 (日) 00時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1047800/21728207

この記事へのトラックバック一覧です: 真夏が来る前に:

« 赤い花 | トップページ | 百日草 »