« ブログ白書 | トップページ | 夏とは違うんです »

2008年8月24日 (日)

あの日の チェーホフ「かもめ」公演 

8月は名古屋まで出向き、チェーホフ「かもめ」の舞台を観ました。

愛知厚生年金会館での公演でしたが、

観客は殆ど女性の方々ばかり、

ご贔屓の役者さんがいらっしゃるのかも。そう言うわたくしも…

Photo 久しぶりの名古屋、

彼女との待ち合わせは「銀の時計」の前、

一緒する彼女の職場は駅の近くですって。

駅構内は夏休みの人々で混雑(多分)早くに到着したわたくしは、

前もってショッピング街を調べ把握していたのにも関わらず、

結局、駅構内のマーメイドカフェの片隅で、

珈琲をいただきながら彼女を待ちました。

平日勤務の彼女は、競走馬のように駆けてくるに違いない。

ガラス窓越しに見られる光景、よその街、よその駅のざわめきは、

若いころも…老いても…旅人の気分にさせてくれるから待ちましょ。と、

自己満足していただけの話なのですよ。

Photo_3 さて、ロシアで「かもめ」の戯曲が出版されたのは1895年、

日本の年号(元号)では明治28年にあたります。

百年以上も前の作品です。

現在とは時代背景も女性の生き方も違いますわね。「かもめ」の物語には、

都会に憧れ有名になることに憧れる、女優志願の娘ニーナがいます。

作家志望であり物書きをしながらも、生きることの無常観に苛まれる青年がいます。

ふたりは恋仲でありましたが、

ニーナは田舎の湖畔を訪れた高名な作家であるおじさまに、優しくされ、

一途になってしまう。都会に戻るという人を追いかけてしまう。

高名な作家は青年の母である有名な女優の恋人でした。

男性のエゴが剥き出しになるときは、時代が変わろうと有様は似ているのかも知れません。

案の定、都会でニーナは捨てられる。2年の月日が流れます。

湖畔に戻ったニーナは青年の愛情が変わらぬままであることを知りますが、

「忍耐」がすべてと再び湖畔を飛び立ってゆくことを青年に告げ、

運命に立ち向かう術を、毅然と言い放ちます。

ニーナとの別れ以来、作家として陽のあたる場所を得た青年でしたのに、

無常と思う人生観から抜けきれず、青年は自ら破滅してしまうのです。

Photo_4 舞台はユーモアが散りばめられ、

戯曲の悲喜劇があますところなく表現されました。

台詞の多さをよどみなく発声される役者さんたちの凄さには

観劇の度毎に圧倒されます。

青年の役柄は藤原竜也さんが演じられました。有望な俳優さんですわね。

女性の自我の目覚めといえば、イプセン「人形の家」戯曲の名作も、

「かもめ」と同時代、時代背景を同じくしてます。

ヒロイン・ノラは夫の人形でしかなかった結婚生活に気付かされ、

人間でありたい、人間を生きたいと、

夫と子供の居る家を去ること、その決断をしました。

世間体に捉われながらの人生は、昨今でもあることですし、

女性であるが故の辛苦があることを思うと、

自我の目覚めとは…

今の世にも存在する普遍のテーマかも知れませんですね。

|

« ブログ白書 | トップページ | 夏とは違うんです »

演劇 あるいは 読書」カテゴリの記事

コメント

「かもめ」よかったですね。
後から岩波文庫の原作を読み直すとユーモアを交えていたとはいえ、決して原作を損なわない、いい形にまとまっていたかと思います。
多少?と思うような登場人物こそおりましたが、いづれの役者の方々も熱演でした。

タクシーの中の鹿賀さん、ちらっと拝見できましたね、素敵でしたね。

投稿: 茶飲み友達 | 2008年8月25日 (月) 22時26分

茶飲み友達さん
名古屋ではお世話になりました(^^)v

終幕、ラストの場面は衝撃でしたわね。
「ああーっ」と叫びそうになりましたですよ(^-^;

1・2・3・4・5・・
カーテンコールは
もしかして5回ぐらいありましたっけ?
役柄そのままのお顔で役者さんたちが並ばれて、
竜也さんの翳りあるような表情が印象的でした!

はい!信号待ちのタクシーの中に、
鹿賀さんと女優さんがいらした!とは!
手を振ってくださって、
舞い上がりそうでした(^-^; 目の前でしたものね。
いい思い出が出来ましたですよ~ヽ(^。^)ノ

投稿: かもめ | 2008年8月26日 (火) 00時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1047800/23213517

この記事へのトラックバック一覧です: あの日の チェーホフ「かもめ」公演 :

« ブログ白書 | トップページ | 夏とは違うんです »