« 或る夏の日のこと | トップページ | マダム貞奴  一話 »

2008年8月 4日 (月)

蝉時雨

長い長い地下生活を 竪穴作って抜け出したなら

直ぐ地上の樹木に向かいなさいPhoto_9

 6年も7年も地中にいたというのに

行き遅れたり 木から落っこちて どうするの

天敵はいるし

猫は遊びたいから ころころ転がしたがる じゃれるPhoto_10 のよ

殻の中で幼虫ぶっていても 

ほんとは成虫の体を持っているはず

背が割れ殻を捨てたらPhoto_13  大人になれる

でないと世間は厳しいから 危ういことになってしまうから

半透明な体 可愛い姿 翡翠色した小さな翅

見ていると 泣きたくなるほど愛らしいけど

早く逞しい成虫になりなさいね アナタたち

Photo_12 羽化し 15分間はじっと小休止

そして もぞもぞ動き始め居場所を探し始め

カーテンに移してからは ひたすらに静止状態 

Photo_14 翅が伸びる 伸びる  3時間以上かけ体色もついたし

闇夜の樹木まで送るから それでバイバイよ

 

今年の夏は蝉の鳴くのが遅いと言われてましたが、

ここのところ蝉時雨が大発生です。今朝も5時前から大騒ぎです。

こればかりは時雨の雨音とも思えなくて、

やかましいわいと、耳を塞ぎたくなる時もありますわね~

蝉の子々孫々を思いやれば、ここはこらえることにしましょうか。

|

« 或る夏の日のこと | トップページ | マダム貞奴  一話 »

散文 あるいは 日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1047800/22767543

この記事へのトラックバック一覧です: 蝉時雨:

« 或る夏の日のこと | トップページ | マダム貞奴  一話 »