« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月24日 (水)

コカ・コーラ 哀歌

多くの年月を見送り、多くの季節が過ぎ去りました。

懐かしい物たち、懐かしい時代、を語り始めますと、

まるで「日本昔ばなし」の語り部のように、過去の時代へと舞い戻ります。

「懐かしむ」こととは、今はもうないもの、少数になったものを想うこと、と、

どなたかが仰ってましたですね。ひたすらひたすら過去へ向かうことと。

「憶えている」とは、過去があったから今があり、

さらには憶えていたことにより、未来を想像する。

過去と現在のはざ間から未来へ繰り出してゆくこと、とも。

Photoレトロな木製冷蔵庫を見つけ、

ひたすら「懐かしんだ」のは、8月のこと。

60年代前半ごろまでは、確か使用されておりましたですね。

庫内は二段になっていて、

上段には一貫(3.75キロ)の氷を2個分、置きますのね。

氷の冷気により下段に入れたものを冷やします。

彼の店には、町中で大繁盛の氷屋さんが、

いつでも自転車の荷台に氷を載せ、届けてくださった。

木製冷蔵庫はわたくしにとってのノスタルジア、

あの季節も彼も二度と帰ってはこない。

Photo_3丘の上の環境資源ギャラリー、

わたくしの町の廃棄物処理施設です。

環境問題を身近なこととして、より考えさせられる 昨今ですが、

大切な務を果たすべく、平成17年から操業が開始されました。

家庭の粗大ゴミも車で搬入するわけですが、

リサイクルされるもの、可燃のものとありますですね。

入り口の計量器の上に、車ごと乗り車ごとの重さを知らせること、

その計算から出口に向かった際には、処理料金が請求されます。

Photo_4 学習施設も併設されてますから、

常設展示、企画展示などがあり、

わたくしも自慢の健脚を証明してやろうと、自転車発電に挑みましたが、

発電しないままなのに脚が疲れ、失敗しました。

Photo_5 Photo_6

木製冷蔵庫は此の施設で眺めましたのね。

昭和36年からは貿易自由化により市販が開始された、コカ・コーラ、

わたくしが生まれて初めて飲んでみたのは、それから何年も後のこと、

彼の喫茶店でした。

木製冷蔵庫に詰めてある一本の瓶を取り出した彼が

冷えたコーラを栓抜きで開けプシュっと快音を聞かせて 「飲む?」

はにかんでいた自分ですから味もなにも覚えてませんのね。

ただ、確かにあの時代のコーラはスカッとしていた。爽やかだった。

甘味料が幾度となく変わったとのことですが、詳しくは解りません。

いずれにしても遠く過ぎた日のこと、懐かしさなのです。

彼はすでに彼岸の人、

こちらの岸辺から彼を恋しがるわたくしは、残された人、

此岸なる迷いの世界を、吐息まじりで生きておりますわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月11日 (木)

夏とは違うんです

  Photo_10

暮れ時の夕顔、

夏の花が咲いてます。

晩夏なのか、初秋なのか、季節のあやふやさ、

ただ言えることは、今の風は夏とは違うんです。

なにかガ違うこと、ありますわね。

「あなたと違う私、私と違うあなた」

「あなたはあなたで、私は私」

そりゃそうです。人はそれぞれですもの。

どなたから見ても常にごもっともと認められる立場で、

物事を考え、言葉を濁さないこと、とかは…

たやすく出来そうでいて、それは難しいことなのかも知れません。

たとえば自分の意識が、

自分勝手なだけの、偏りをしていないか、

気ままな思いつきだけの言動になってはいまいかl、

つまり主観的すぎていないか…

…そんなこと考えてますと、

弱音を吐きながら生きてるヒマなど、私にあるもんか!と、

主観も客観も、なんだかあやふやになってきますのね。

格差社会を生きるため、めげずに明日に向かいますわ…としか、

云いようがない。居直ってしまう。

結構、客観的な思考だとは思いますが、なんだかね。

Photo_7 わたくしが暮らす町の川縁は、

夏の訪れと共に咲き始めていた芙蓉が、今、花ざかりです。

日傘で日除けをしながら歩いていても、

日傘の中を渡る風は真夏の風とは違い、さらりとした肌触り。

Photo_2 貸出し期限が過ぎてしまった返却本を、

慌てて返しに行った今日、

図書館では、休憩室の中に無料ドリンクの日本茶が用意されてます。

珈琲とか他の飲料がほしい場合、自動販売機もありますのよ。

休憩室で急いだ足を休めているうちに、

熱い珈琲が飲みたくなりなりました。熱いお茶もいただこう。

「今はもう秋」と言ってしまおうか…

夏の日とは違い、館内はもの静かな午後でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »