« 夏とは違うんです | トップページ | 祭囃子は お江戸の流れ »

2008年9月24日 (水)

コカ・コーラ 哀歌

多くの年月を見送り、多くの季節が過ぎ去りました。

懐かしい物たち、懐かしい時代、を語り始めますと、

まるで「日本昔ばなし」の語り部のように、過去の時代へと舞い戻ります。

「懐かしむ」こととは、今はもうないもの、少数になったものを想うこと、と、

どなたかが仰ってましたですね。ひたすらひたすら過去へ向かうことと。

「憶えている」とは、過去があったから今があり、

さらには憶えていたことにより、未来を想像する。

過去と現在のはざ間から未来へ繰り出してゆくこと、とも。

Photoレトロな木製冷蔵庫を見つけ、

ひたすら「懐かしんだ」のは、8月のこと。

60年代前半ごろまでは、確か使用されておりましたですね。

庫内は二段になっていて、

上段には一貫(3.75キロ)の氷を2個分、置きますのね。

氷の冷気により下段に入れたものを冷やします。

彼の店には、町中で大繁盛の氷屋さんが、

いつでも自転車の荷台に氷を載せ、届けてくださった。

木製冷蔵庫はわたくしにとってのノスタルジア、

あの季節も彼も二度と帰ってはこない。

Photo_3丘の上の環境資源ギャラリー、

わたくしの町の廃棄物処理施設です。

環境問題を身近なこととして、より考えさせられる 昨今ですが、

大切な務を果たすべく、平成17年から操業が開始されました。

家庭の粗大ゴミも車で搬入するわけですが、

リサイクルされるもの、可燃のものとありますですね。

入り口の計量器の上に、車ごと乗り車ごとの重さを知らせること、

その計算から出口に向かった際には、処理料金が請求されます。

Photo_4 学習施設も併設されてますから、

常設展示、企画展示などがあり、

わたくしも自慢の健脚を証明してやろうと、自転車発電に挑みましたが、

発電しないままなのに脚が疲れ、失敗しました。

Photo_5 Photo_6

木製冷蔵庫は此の施設で眺めましたのね。

昭和36年からは貿易自由化により市販が開始された、コカ・コーラ、

わたくしが生まれて初めて飲んでみたのは、それから何年も後のこと、

彼の喫茶店でした。

木製冷蔵庫に詰めてある一本の瓶を取り出した彼が

冷えたコーラを栓抜きで開けプシュっと快音を聞かせて 「飲む?」

はにかんでいた自分ですから味もなにも覚えてませんのね。

ただ、確かにあの時代のコーラはスカッとしていた。爽やかだった。

甘味料が幾度となく変わったとのことですが、詳しくは解りません。

いずれにしても遠く過ぎた日のこと、懐かしさなのです。

彼はすでに彼岸の人、

こちらの岸辺から彼を恋しがるわたくしは、残された人、

此岸なる迷いの世界を、吐息まじりで生きておりますわ。

|

« 夏とは違うんです | トップページ | 祭囃子は お江戸の流れ »

花暦 あるいは 随想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1047800/23986857

この記事へのトラックバック一覧です: コカ・コーラ 哀歌:

« 夏とは違うんです | トップページ | 祭囃子は お江戸の流れ »