カフェ あるいは 散策 

2008年6月 7日 (土)

遠い人

Photo_4 6月、父の日がありますね。

今は「とおいひと」 

遠い人への想いは飛翔したり沈み込んだり、

残された者にとり言葉にはし難いほど、心が揺れます。

4年5年と年月を経ても。

とおいひとになってしまった人は帰らない…

帰ってこなくても、珈琲を好んだ人に、今日は珈琲の話をしましょうか。

あのね、東京大丸店に京都老舗イノダのカフェが出店したから…

上京の際は行きましょうと娘の誘いがあり、カフェを訪ねましたんですよ。

Photo_5 「アラビアの真珠」」の焙煎は深煎り、

ミルクもお砂糖も入れ、香りよくコク深く、ヨーロピアン。

「コロンビアのエメラルド」はミディアムロースト、ストレートでいただけば、

「コーヒールンバ」の歌が思い出され、

「原曲はコーヒー豆を挽きながらね」と、確か遠い人と話したことがあるような。

緩やかなデザインがほどこされた窓辺のカウンター、窓の外は大都会。

Photo_6 極上のコクある、一杯の珈琲から、

東京プチ散策は始まりましたと、

遠い人にお土産話をしてみました。

そうそう、今は関口宏夫人でいらっしゃいます西田佐知子さんのヒット曲には、

「アカシアの雨がやむとき」の曲もありました。

 アカシアの雨にうたれてこのまま死んでしまいたい~~

歌い出しからせつない歌詞でした。

初夏に黄色の小花咲くアカシア… 丁度今ごろから降る雨なのでしょう。

それにしても少し暗すぎるかしら?

いえいえ、やまない雨はないですもの。雨はいつしか上がりますものね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)