散文 あるいは 日記

2008年10月11日 (土)

祭囃子は お江戸の流れ

なんのお祭りなのだろう……。

と、小説の冒頭に書かれていたのは、

往年のベストセラー小説、原田康子著「挽歌」でした。

わたくしが乙女をしていたころ、寝食を忘れそうになりながら、

ひとり隠れるようにして読み耽った小説です。

早熟だとか、なんだかんだ言われることを避けようとしていた。

昭和30年代のことですから、子供は子供、大人は大人、

子供の分際で、子供の身分を踏み越えるようなことをしてはならなかった。

小説そのものは今風に表現すれば、不倫の物語ですものね。

釧路湿原を背景に、

愛情のひとりよがりとか、登場人物の孤独な横顔とか、

大人の世界を覗き見るような感覚と同時に、

ストイックで、独特の感性も持ったヒロインに…

ぐいぐいと惹かれましたですね。

ハイティーンになりますと、世界名作全集を友と競って読破しようとした。

もう、そこまでの年齢になりますと親も干渉しませんわね。

「暗いところで読まないように」と、注意するぐらいしか親の出る幕はない。

子供はいつしか大人になりますもの。

昨夜は宵祭り、

今、わが町は氏神さまの秋祭り真っ最中です。

屋台は二輪の御所車型が引き回され、

祭囃子はお江戸の葛西囃子の流れとか、和楽器の合奏が調子良くて、

遠くに近くにお囃子が聞こえます。それでも今年は小さなお祭り、

三年毎に大きな祭があり、城下町らしい祭りごとが繰り広げられます。

  • Photo Photo_2 Photo_3 Photo_4

祭囃子をキッチンの窓辺に聞きながら先ほど、田楽味噌を作りました。

8月に見学してきた岡崎市の味噌蔵、

岡崎城から西へ八丁行った所が、黒々とした八丁味噌の名産地、

八丁味噌は良質の大豆を豆麹とし塩と水だけで年月を掛けた仕込みをします。

巨大な樽は地震にも崩れないと言われる姿に石を積み上げている。

天然熟成そのもの、根っからの自然食品なのですね。

黒くて固い味噌なのですが、風味が良く煮込んでもそのままの風味です。

Photo_5 Photo_6

田楽味噌たれは砂糖とみりんと酒を、

弱火にかけじっくりと溶きました。

ご愛嬌は、八丁味噌気まぐれソースをかけた一品、

味噌ソースパスタが出来上がりました。やれやれ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月 4日 (月)

蝉時雨

長い長い地下生活を 竪穴作って抜け出したなら

直ぐ地上の樹木に向かいなさいPhoto_9

 6年も7年も地中にいたというのに

行き遅れたり 木から落っこちて どうするの

天敵はいるし

猫は遊びたいから ころころ転がしたがる じゃれるPhoto_10 のよ

殻の中で幼虫ぶっていても 

ほんとは成虫の体を持っているはず

背が割れ殻を捨てたらPhoto_13  大人になれる

でないと世間は厳しいから 危ういことになってしまうから

半透明な体 可愛い姿 翡翠色した小さな翅

見ていると 泣きたくなるほど愛らしいけど

早く逞しい成虫になりなさいね アナタたち

Photo_12 羽化し 15分間はじっと小休止

そして もぞもぞ動き始め居場所を探し始め

カーテンに移してからは ひたすらに静止状態 

Photo_14 翅が伸びる 伸びる  3時間以上かけ体色もついたし

闇夜の樹木まで送るから それでバイバイよ

 

今年の夏は蝉の鳴くのが遅いと言われてましたが、

ここのところ蝉時雨が大発生です。今朝も5時前から大騒ぎです。

こればかりは時雨の雨音とも思えなくて、

やかましいわいと、耳を塞ぎたくなる時もありますわね~

蝉の子々孫々を思いやれば、ここはこらえることにしましょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月19日 (木)

真夏が来る前に

Photo

樹木が生い茂ります。

この木何の木?と聞かれそう。

黒金黐(くろがねもち)なのですね。

屋敷をぐるりと囲む生垣は、5月に入り自分の手で刈り込みました。

生垣はカシの木ですから、新緑の枝葉は以外と柔らかい。

刈り込み鋏を手にハッスルしました。

素人仕事ゆえ、曲がりくねってしまいます。それでも何とか刈りました。ほっ!

しかし、問題はクロガネモチ、高い太いよく茂る、手強い木。

元々がどんな環境にも強く、街路樹にも見かけますわね。

初冬のころ真っ赤な実をびっしりとつけます。

わが家では自然のままあるがままの樹形にしておりますが、

赤い実は、無彩色になりがちの冬景色を彩ってくれますわね。

で、どうしたの、木?

はい、例年通り、シルバー人材センターが請け負ってくれますので、

そちらへお願いしておりますから順番待ちです。

心得ある方がいらしてくださるから、綺麗になりますよ、モチの木。

うまくいけば自分でもできるかしら?と、

長い脚立を肩に担ぎ、かなり前のTVドラマ「ショムニ」の女性のように、

木の周りをウロウロウロウロ、出来る仕事人みたいな姿で回ってはみましたが、

やはり無理。太いし、高いし、枝葉の勢いにタジタジと引き下がってしまいました。

Photo_2 そんなこんなの日常ですが、

デジカメをエコ袋に入れての往来は、

額紫陽花(がくあじさい)の眺めが、とても良いのです。

天気予報によりますと、これからが梅雨本番とか。

そうそう、真夏が来る前にしておかなくてはいけないこと、他にはなかったかしら?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月30日 (金)

さあ 始めてみましょう

初めまして かもめと申します。

先ずは記入をしてみないと先に進めないことばかり。

一念発起の覚悟をして、初めの一歩を記します。

大袈裟でしょ?(汗)

なのに書くことは、きっと何気ないことばかりでしょうにね。

それでは宜しくお願い申し上げます。

花粉のない百合を一輪 ひらひらと~

Photo

| | コメント (4) | トラックバック (0)